神奈川県横須賀市の社会福祉法人みなと舎

事業のご紹介

  • みなと舎について
  • みなと舎ではたらく
  • みなと舎を支える方々

ショートステイゆう

メンバーさんとご家族にやすらぎの時間を−家庭的な雰囲気で、地域のみなさまをお迎えしています。

かつての障害者の「ショートステイ」のイメージを一気に消し去ってしまうのが、一軒家スタイルの「ショートステイゆう」。横須賀市初の重症心身障害者・重度重複障害者のためのショートステイとして、平成17年に誕生しました。「ゆう」に通う方のみならず、地域の全ての方にとっての"もうひとつの家"でありたい。そんな思いで、今日もみなさまをお迎えしています。

宿泊も日中も、ご家族の都合に合わせてご利用いただけます。

「ゆう」の建物の隣に寄り添うように建つ、白い2階建ての一軒家。これが、「ショートステイゆう」です。玄関には小さな人形や花が飾られていて、まるで家に帰ってきたような雰囲気です。

夕方から翌朝まで滞在していただける短期入所は、1日最大4名まで受け入れ可能。庭に面した明るい個室でゆったりとくつろいだり、共同のリビングでテレビを見たりしながら、自由な時間を過ごすことができます。また、日中の一時的な滞在は、学齢期のお子様からお預かりしています。学校が休みとなる夏期や週末など、ご家族の都合に合わせてご利用いただけます。

家庭と同じ過ごし方で、安心のひとときを。

「ショートステイゆう」をご利用の方の中には、普段「ゆう」に通所していない在宅の方や、他の施設に通われている方もいらっしゃいます。そのような方には、まずは安心感を持っていただけるよう、面接と体験利用の時間を設けて、食事の介助方法などについても細かく様子を伺うようにしています。

私たちが目指すのは、できるだけ家庭と変わらない過ごし方でリラックスしていただくこと。好みによって食事の調理方法を工夫したり、趣味のCDやDVDを持ち込んでいただいたりしながら、穏やかな気持ちでここでの時間を楽しんでいただけるよう、心がけています。

メンバーさんの楽しみとご家族の休息、どちらも叶える場に。

「ショートステイゆう」に居るとき、いつもとは少し違う、とても穏やかな表情をしているメンバーさんもいらっしゃいます。家族と離れて過ごす時間を持つことは、生活の張りにもなり、他の人との関わりの中で、新たな経験も広がって行きます。

このような場が、家族それぞれのよりよい時間を過ごすことにもつながっていくでしょう。メンバーさんが楽しく過ごす場と、ご家族が休息できる時間を同時に提供すること。これが、ショートステイの本当の意義であり、私たちの目標でもあるのです。

ショートステイゆうってどんなところ?

  • みなと舎について
  • ゆう
  • ライフゆう
  • ショートステイゆう
  • ケアホームはなえみ・はなあかり
  • ヘルパーゆう
  • 支援センターゆう

ショートステイゆうでの過ごし方

ショートステイゆうに関するスタッフ日記

ゆう   :〒240-0104 神奈川県横須賀市芦名2-8-17 TEL:046-855-3911 FAX:046-855-3912
ライフゆう:〒240-0107 神奈川県横須賀市湘南国際村1-4-6 TEL:046-856-6833 FAX:046-856-6834

Copyright © Minatosha All Rights Reserved.